湯河原温泉の歴史

  • 湯河原温泉

    湯河原温泉は、日清・日露戦争の時代は国指定の保養地とされていました。
    特に傷痍軍人たちが湯河原温泉で傷をいやし、また戦地に戻っていったという「傷の誉れ」の歴史があります。その時に湯治場として栄えたのが、「こごめの湯」がある「温泉場」周辺の地域です。今ここでイタリア由来の温泉療法・ファンゴが実現し、現代の湯治を体験できることは、湯河原温泉の歴史にもかなっている素晴らしいことです。

ファンゴの熟成泥と湯治効果

熟成泥って?

専用の熟成プラントに源泉をかけ流し、約1ヶ月かけて熟成させています。
約1ヶ月間の温泉のかけ流しによって生じるイオン交換で、温泉成分が泥に吸着します。
温泉入浴するよりも、短期で効率良く温泉効果を得ることができます。

湯河原温泉で熟成したファンゴに使われる土の紹介

ファンゴに配合されている土の配合は基本的には同じですが、
地域の温泉の質によってそれぞれの配合量が異なっていたり、特別な土を加えたりしています。

  • 01ネオクレイ

    火山灰や溶岩が海底・湖底に堆積して変質作用によりできた粘土鉱物。
    水を吸うと体積の10倍以上も膨張し、温泉成分の濃縮と泥に滑らかさを与える。

  • 02ドロマイト

    サンゴなどの石灰石が海中でマグネシウムに置き換わり生成した生物起源の鉱物。
    海のミネラルがバランスよく含まれている。

  • 03シリカ

    地球上に最も多く存在する元素であるケイ素の酸化物。ガラスの原料のほかコラーゲンの生成の助ける効果もあるため、化粧品にも用いられている。

  • 04粘土

    原土を水簸(すいひ)という沈殿法で細かい粘土鉱物のみを集めたもの。
    水で練った泥は粘りが強く、肌への密着性を高める。

  • 05カオリン

    花崗岩(かこうがん)などが風化して生成した粘土鉱物。
    吸水性が高い。通常の粘土よりも白く、皮膚の角質や毛穴の汚れを吸着する効果がある。

ファンゴ施術で期待できる作用

  • play

    湯河原温泉、ファンゴへの取り組みの動画

  • 温熱療法の目的はからだの血行を良くすることです!
    泥は身体全体に塗るのではなく、背部全面と関節部を中心に置きます。
    関節部が温まり、血行が促進されると、組織の新陳代謝がよくなり、痛みのもととなる化学物質が取り除かれやすくなります。
    また、筋肉や関節のこわばりがとれて、動かしやすくなります。
    ファンゴセラピーは、患部の冷えによる血行不良が原因で痛みが悪化しているケースで特に効果を発揮することが期待されます。
    ファンゴセラピーを継続して受けることで新陳代謝が活発となり、免疫力が上がることで、確実に健康効果を体感できると期待されています。
  • 美容・健康分野に嬉しい効果あり!
    解毒・アンチエイジング・保湿洗浄・美白作用・ストレス軽減・疾病予防・病後の療養・正常血圧への呼び戻しなど
    ファンゴは大量の汗と共に老廃物を排泄させ、同時にファンゴ内のミネラル成分とラン藻類による代謝産物が体内に吸収されます。効率よく温泉の成分を体に吸収できるのです。

ファンゴ施術の流れ

約60分で湯治効果を実感!

  • ①入浴

    ファンゴ塗布前に入浴をおこないます。
    セラピー前に体を温めることにより、新陳代謝をアップさせ、ファンゴによる温泉効果をさらに高めることができます。

  • ②カルテを作成

    施術前にファンゴセラピストがカウンセリングを行います。
    施術・禁忌事項の説明があります。
    血圧を測定し、カルテに記入を行います。日頃の健康状態をお知らせください

    • 1回だけであっても通常の温泉入浴より、効率よく安全に温泉成分を体に取りこむことができます。
      ファンゴセラピストとはファンゴの施術だけではなく、泥の仕込み、熟成から廃棄に至る全工程の管理を、責任をもって全うする泥のスペシャリストです。
  • ③塗布

    12kgのファンゴ泥を関節部分を中心に塗布します。
    20分間、温泉成分をじっくりと体に吸着させます。

  • ④洗い流し

    塗布した泥をセラピストが除去します。その後、シャワー室で残りの泥と汗を洗い流していただき、セラピーは終了です。

    • 温泉入浴は体全体に水圧がかかる全身浴ですが、ファンゴセラピーは、背部全面と関節部を中心に泥を塗布する部分浴です。入浴前後に血流や血圧に急激な増加が見られません。ファンゴは身体に負担がかかりにくい温泉療法なのです。

湯河原におけるファンゴ施術場所

  • 湯河原温泉・こごめの湯 2階「ファンゴハウス」

    神奈川県足柄下郡湯河原町宮上562-6
    湯河原駅からバスをご利用の場合
    湯河原駅2番乗り場から約15分
    (不動滝・奥湯河原行、公園入口下車徒歩5分)

湯河原町では地方創生のため、ファンゴ製造の温泉料金を減免しています。そのため湯河原町を含む下記対象地域の方々は、通常よりも安く施術を受けられます。

湯河原町、真鶴町、熱海市
(1市2町)
6,000円(+税)
小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町
(2市6町)
6,500円(+税)
その他の地域 7,000円(+税)

日本でファンゴが受けられる場所

現在、全国4か所の地域でファンゴが受けられます。
温泉の成分が違えば泥の配合も異なり、どのファンゴもご当地オリジナルです。
日本全国のファンゴをお楽しみください。

  • 湯河原温泉 こごめの湯

    湯河原温泉は鎌倉時代より「こごめの湯」として愛されてきた温泉です。
    奥地にひっそりとある温泉の意と言われており、子込め・子産めの湯としても親しまれています。
    源泉の温度は60℃~90℃。ナトリウム・カルシウム・塩化物・硫酸塩泉の高温良質泉で、リウマチ性疾患、運動障害、創傷、慢性湿疹、更年期障害、痛風、高血圧症etc.などに効果があるとされ湯治客に愛されてきました。

    • 〒259-0314 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上562-6
      Tel:0465-63-6944
      URL:http://kogomenoyu.com
  • 箱根強羅温泉 瑞の香り(神奈川県箱根町)

    平成28年9月にオープン。
    酸性泉のビオファンゴセラピーが受けられる唯一の施設。
    箱根が育む大自然の中に旅館があり、お部屋からは駿河湾や明星ケ岳が一望できます。
    心身ともにリラックスできること間違いなしのお宿です。

    • 〒250-0408 箱根町強羅1321-395
      Tel:0460‐87‐11501
      URL:http://miz-k.xyz
  • 庄川温泉郷 三楽園(富山県砺波市・庄川温泉郷)

    平成22年1月オープン。
    本格的なファンゴセラピーが受けられる、日本で最初の施設。
    100坪のエステ施設「Garden」を完備し、ファンゴとエステのコラボレーションを実現しています。栄養士監修の美と健康の三楽園懐石が女性に大変好評で、心身共にキレイになれるとして人気の高い温泉宿です。

  • 天空の宿 和倉温泉 大観荘(石川県七尾市・和倉温泉)

    平成26年4月オープン。
    地域資源である能登珪藻土を主原料としたファンゴを提供しています。
    ファンゴ施術前に行っている問診を兼ねたサウンドセラピーを導入し、より踏み込んだ未病対策に挑戦。WHO の世界農業遺産に認定された能登の里山里海を利用した地域色の強い、滞在プランを作り出しています。